ご予約・宿泊プラン

0288-51-0105

花庵ブログ

  • HOME >
  • 花庵ブログ 花時間

田母沢御用邸記念公園 桃の節句つるし雛飾り

明日より3月ですね♪
せっかくの春のおでかけに
春ならではのイベントを楽しみませんか?
つるし雛.jpg
国指定重要文化財の大正天皇の旧御用邸
「田母沢御用邸記念公園」にて
桃の節句 つるし雛飾り」が開催されます。

期間中は地元愛好家の「布遊の会」の方々によって作られた
つるし雛が展示されます。

ひとつひとつの飾りはとてもかわいらしく、
色鮮やかで、とても美しいです。

つるし雛が始まったのは江戸時代といわれ、
一般家庭では雛人形はとても高価でなかなか手に入らないものだったようです。

そこで、近所のみんなでひとつひとつ端切れなどで人形を作り、
持ち寄って紐で吊るして飾ったのが始まりとされています。

かわいらしい人形もひとつひとつ意味があります。
いくつかご紹介させて頂きます。

にわとり…1日の始まりである朝を招き、卵を産むことから、
     縁起のいい鶏とされ、長寿や健康を願って飾られます。

まり…お正月に飾る縁起物であり、幼子の遊び道具。
   丸々と円満にはずむ心豊かな暮らしへを願って飾られます。

草履…早く歩けるように。健脚、健康になり、
   働き者になれるお守りとして飾られます。

田母沢御用邸.jpg

ゆらゆらとゆれるかわいらしい雛飾りを
ぜひ見にいらしてくださいね♪

住所:日光市本町8-27
電話:0288-53-6767(田母沢御用邸記念公園管理事務所)
料金:大人(高校生以上)510円、小中学生250円 幼児以下無料
開催期間:2016年3月1日(火)〜3/31(木) 毎週火曜日休園
開催時間:9:30〜16:30(最終受付16:00まで)
アクセス:JR日光駅・東武日光駅より東武バス湯元温泉・中禅寺温泉行で
     日光田母沢御用邸記念公園 にて下車徒歩1分
     駐車場あり(有料)
HPはこちら
観光情報 | - | -

旬のお野菜のご紹介(紅菜苔、あやめ大根編)

寒いながらも、日差しが少しずつ柔らかくなってきた今日この頃。

日本には四季折々おいしい食材がございます。
当館では朝夕あわせて40種以上の旬の新鮮野菜を
創作和食料理にて提供しております。

今だから味わえる旬のお野菜を
ご紹介させて頂きます。
(※当日の仕入れ状況により、提供内容・食材が異なります。)
野菜紅菜苔.JPG
かわいらしいお花と、紫の茎が特徴の
紅菜苔(こうさいたい)はキャベツや白菜と同じアブラナ科の野菜です。

とう立ちした花芽と若い茎、葉の部分を食べます。
寒い時期ほど、茎の紫色が鮮やかに、濃くなるようです。

菜の花のような苦みは少なく、
茎にはアスパラに似た甘味をほんのり感じることができます。

12月頃より収穫が始まり、3月頃まで出回ります。

茹で時間は30秒から1分程度で、
熱湯に少し酢を加えると、紫色をある程度残すことができるようです。

花庵ではこの時期には前菜にて使用しております。

野菜あやめ大根.JPG
鮮やかな紫色が特徴で、
小ぶりのあやめ大根のご紹介を致します。

あやめ雪かぶという、
首部分が紫色の品種を作った種苗会社さんより
作られた注目の品種のようです。
まだまだ市場ではあまり見かけることが少ないようです。

紫の部分は抗酸化作用があり、健康に良いとされる
ポリフェノールの一種「アントシアニン」が含まれております。

色味を活かした調理法が良く、
当館ではせいろ蒸しに使用しております。
野菜せいろ.jpg

今日、様々な野菜が品種改良や、栽培方法によって
季節関係なく手に入れることができますが、
旬の食材を摂取することは身体にとって大切なことです。

旬の野菜が良いとされるのは、
最も良い環境で、最も成熟しておるため、
味も良く、栄養価も高いのです。
旬の野菜をおいしく感じるのは、
その時期に身体が欲する栄養素を含んでいるのと同時に、
四季それぞれを楽しむことができます♪

おいしい野菜を食べにぜひ花庵へお越しください♪
花庵からの新着情報。 | - | -

日光富士 男体山

本日2月23日は富士山の日です!
「ふ(2)じ(2)さん(3)」(富士山)の語呂合せから来ているようです♪

日本全国「〜〜富士」と名付けられた山がありますが、
日光にも富士山があるのです!

華厳ノ滝(樹氷).jpg

「日光富士」または「下野富士」と呼ばれる男体山です!

どこから見ても美しい円錐形の山で、
いろは坂を上った中禅寺湖の北側に位置しております。
ホテル花庵のちょうど後ろ手にどっしりと構えてます!

今から約1200年前に、勝道上人が、難行苦行の末、男体山登頂を果たし、
現在の二荒神社奥宮にあたる小さな祠を山頂に創建以来、
山岳信教が広まったと言われております。

登山コースはいくつかありますが、
正式なものは、日光二荒山神社中宮祠の登排門から
山頂の奥宮までは往復6キロで、標高差は約1200メートル、
山頂まで片道約3〜4時間です。

山頂からは真下の中禅寺湖から、戦場ヶ原、日光連山尾瀬の山々と、
天気が良ければ浅間山や富士山までも
見えることがあるようです。

日光富士としても名高い男体山を
ぜひ見にいらしてくださいね♪
スタッフ日記。 | - | -

2月22日はねこの日!

猫の日眠り猫.jpg

本日2月22日はネコの日です(=・ω・=)
ニャン(2)ニャン(2)ニャン(2)という
猫の鳴き声のゴロ合わせということから、
1987(昭和62)年に猫の日制定委員会にて制定されました!

日光にも有名な猫がいるのでご紹介します。

日光東照宮の彫刻の中にある、
「眠り猫」です♪

ボタンの花に囲まれて、
気持ちよさそうにうたた寝をしている猫の彫刻が
奥宮の入り口に飾られています。

この彫刻には2つの意味があると言われていて、
1つ目の意味は、
猫は寝ていると見せかけて、
本当は狸寝入りをし、いつでも飛びかかれる準備をして、
徳川家康公を護る為に作られたそうです。

もう1つは眠り猫の裏面に雀の彫刻があり、
猫が眠っているので、雀が安心して楽しく暮らせるという意味があり、
雀と共存し、平和の願いがうかがえます。

当館にも「眠り猫」がいるのですが
ご存知でしたか?

焼き物で作られたこの「眠り猫」ですが、
スヤスヤと気持ちよさそうに眠っております。
国内のお客様だけでなく、
海外のお客様にもこの「眠り猫」は人気のようで、
よく写真を撮られています♪

さてどこにいるでしょうか?

当館に来られた際に
探してみてくださいね♪
スタッフ日記。 | - | -

お雛様を飾るなら?

雛飾り.jpg
<写真はイメージです>
本日、2月19日は「雨水(うすい)」とされています。
雨水は2月19日ごろから啓蟄(けいちつ)までの期間です。
この日を境に、雪が雨に変わり、
氷が溶けて水になり、
春に向かっていく節目とされています。

また、草木が芽生える頃で、
昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。

昔より、雨水にお雛様を飾ると良いとされてきましたが、
その由来は?

いくつか諸説はあるようですが、
日本神話からきているようで、
雪から雨に変わり、春に向かう節目ということで
農耕の準備が始まり、
雪解け水が川に流れ始める時。

水は命の源と考えられており、
水の神様は子宝の神様、安産の神様として
祀られてきたようです。

そのため、この日にお雛様を飾ると
良縁に恵まれると言われるようになったようです♪

また、地域によって内裏ひなの左右が異なります。
皆様のご家庭はどちらでしょうか?

西日本では陰陽説より、
陽である男性は陽の方向である左(向かって右)に、
陰である女性は陰の方向である右(向かって左)に置かれます。

関東でももともとは陰陽説にならって置かれておりましたが、
昭和初期頃より、
お内裏様を向かって左に、お雛様を向かって右に置く新式が広まりました。
昭和天皇の即位礼に習った説、西洋式の考え方を採用した説など
諸説はいくつかあるようです。
結婚式でも左に新郎、右に新婦が並ぶので、
新式で配置する家庭が増えてきているようです。

暦の上では春でも、本格的な春はまだまだ・・・ですが、
気分だけでも春を感じてみてください♪
- | - | -

春のお料理のご紹介(3月頃より提供予定)

春のお料理【春を待つ夢見月】(3月頃より提供予定)をご紹介いたします。

※仕入れ状況により一部内容が異なる場合がございます。

DSC_9713.jpg



先付     旬菜木の芽和え 早蕨 白魚 白美人葱 刀豆の花

前菜     芽かぶ 焼筍 天豆密煮 公魚焼き浸し 酢取り桜鱒
  
花庵の湯波  生湯波とろろ 蟹 占地 枸杞の実 
       
凌ぎ     散らし寿司 
         蛤 蛍烏賊 菜花 
         花弁百合根 錦糸玉子

造り     松前桜鯛 本鮪 あしらい一色 

すり流し   蕗

焼き物    鰊新緑焼き 木の実 グリンピース 花茗荷

蒸篭蒸し   アスパラ 花野菜 新ジャガ 梅麩 パプリカ
       野菜茶巾 椎茸 冠茸 ロールキャベツ
       すずしろ 菖蒲大根 
 
強肴     霧降高原牛彩巻 
         南瓜 もやし 韮 
         人参 ミニトマト 隠元煎餅

食事     山形県産つや姫 赤出汁 香の物 青唐辛子味噌

甘味     黒米 ピスタチオプリン 栃乙女   
     
春のおすすめプランはこちらから♪
花庵からの新着情報。 | - | -

中禅寺湖温泉カマクラまつり

本日は立春、暦の上では春の始まりですが、
中禅寺湖では春はまだ先のようです。

中禅寺湖カマクラ花火大会 .jpg
[花火の写真は花庵担当大橋カメラマンに頂きました]

せっかくの冬のお出かけは
冬ならではのイベントとともに
楽しむのはいかがですか?

来週の2/13,2/14は中禅寺湖にてカマクラまつりが開催されます。
中禅寺湖カマクラ3 .jpg
カマクラで遊んだり、巨大滑り台やスノーシューなどの
雪を楽しむコーナーや、
夜にはカマクラキャンドルナイト・イルミネーションもお楽しみ頂けます。
中禅寺温泉カマクラ祭2.jpg

また、2/13(土)には19:40〜冬花火も打ちあがります!
澄んだ冬の空に咲く花火は夏とはまた違う美しさをお楽しみ頂けます♪

ぜひ来週末は中禅寺湖まで足をお運びくださいませ(*^_^*)

中禅寺湖温泉カマクラまつり
開催期間:2016年2月13日、14日
開催時間:昼の部:10:00〜15:00
     夜の部:17:00〜20:00(13日のみ)
     ※花火は19:40〜
会場:日光自然博物館前広場
住所:〒321-1661 日光市中宮祠2480-1
電話番号:0288-55-0880(日光自然博物館)
アクセス:JR・東武日光駅より東武バス
中禅寺温泉行もしくは湯元温泉行乗車約60分
     「中禅寺温泉」バス停下車、徒歩5分
     ホテル花庵より徒歩3分
ホームページはこちら
- | - | -

宿泊予約はこちら

お問い合わせはこちら

展望風呂付き スーペリアルーム

花庵を楽しむ5つのポイント

花庵オンライン販売

紅茶のこだわり

花庵ブログ 花時間

ライブカメラ|花庵の今をお届けします。

  • お部屋
  • お風呂
  • お料理
  • 観光案内
  • 交通案内
  • フォトギャラリー

花庵へのアクセスマップ

Page top