ご予約・宿泊プラン

0288-51-0105

花庵ブログ 花時間

スノーシューを体験してきました!(前編)

0205 17 花庵ツアープレガイド (1).jpg
暦の上では立春は過ぎましたが、
まだまだ冬本番の日光・中禅寺湖。

先日スタッフ2人で
スノーシューを体験してきました!
スノーシュー付プランはこちら


当日は雲一つない青空で、風も少なく、
絶好のアクティビティ日和♪

花庵玄関まで、三本松茶屋のガイドさんのお迎えが来てくださり、
湯元温泉駐車場へ。

保険同意書にサインをし、コースの説明をうけます。
IMG_5636.jpg

駐車場にて別途500円でお借りした靴(スパッツ付)に履き替えます。

P1180294.jpg

湯元駐車場より、源泉まで歩き、ここで準備運動をして、
スノーシューを装着します。

P1180299.jpg
レバーにてゆるさを調整でき、簡単に装着できました。

いよいよスノーシュー体験スタート!
P1180304.jpg
最初は上り坂が続きますが、
ガイドの中山さんのお話を聞きながら進んで行きます。

途中、かわいらしい足あとを発見!
P1180312.jpg
あまり雪が沈んでいないので、小型の動物???

スタッフ2人で推理していると、ガイドさんより正解発表が!!
P1180313.jpg

答えは「テン」でした!
(※ガイドさんが持っているのは剥製です)
冬の時期は顔の部分が白くなるようですが、
夏の時期は黒いようです。

テンの足あとに誘われるように、上に上に登って行きます。

途中、冬を過ごすための木の芽も見つけましたよ♪
P1180306.jpg
バンザイしてるみたいでかわいいですよね。

そうこうしている内に、上まで上がってきました!
眼下に先ほど車を止めた湯元温泉と、湯の湖が見えます。
P1180310.jpg

少し広場のようになっているので、
ガイドさんがすかさずダイブ!(笑)
P1180323.jpg
‘Г鹹イ辰蕩着地して、手足をバタバタ→E兄箸里茲Δ弊秬廚できました。

下り坂は小股で、逆ハの字で下りて行きます。

ところどころに、風の作る模様「風紋」があり、感動的です。
P1180343.jpg
どんどん森の奥まで歩いて行きます♪

「目的地の幻の湖 蓼の湖に着きましたよ!」
とガイドさんのひと言。
 
P1180355.jpg

??
目の前には広い雪原。
湖らしきものは見当たりません。

実は湖が凍った上に雪が積もった為、
一面雪原のようですが、写真を撮っている足元は
本来であれば湖岸のようです。

湖の反対側へと足を進めます。
途中、かわいい『しぶき氷』も発見!
P1180360.jpg
しぶき氷とは、風により飛ばされた湖の水が、
樹木や石などに氷着したもので、
ひとつとない自然の芸術品です。
P1180358.jpg

わらじ や ワニの歯? 毛虫? に見える『しぶき氷』も発見!
P1180372.jpg

鳥が着地した足あとも見つけました!
中央の長細いのが足の部分で、
ギザギザのところは 着地した際に地面に付いた羽の跡のようです。
P1180362.jpg
風がないタイミングで、湖面に映った雪山を写真に収めることができました!
IMG_5662.jpg

0205 17 花庵ツアープレガイド (4).jpg
湖の反対側は、凍っておらず、湖らしい風景に。

少しここで休憩しつつ、ここから折り返して、帰ることになります。
目的地の『蓼の湖』に着いた記念に写真をパチリ♪
0205 17 花庵ツアープレガイド (5).jpg

スノーシューにも慣れ、満面の笑みで映っていますが、
帰り道にあんなことがあろうとは知る由もない、私たち・・・

ここで前編終了です。後編もお楽しみに♪
P1180412.jpg
雪だるま君「僕の出番は後編をお楽しみに!」

【スタッフ一押し!】スノーシュー付プランはこちら
スタッフ日記。 | - | -

宿泊予約はこちら

お問い合わせはこちら

展望風呂付き スーペリアルーム

花庵を楽しむ5つのポイント

花庵オンライン販売

紅茶のこだわり

花庵ブログ 花時間

ライブカメラ|花庵の今をお届けします。

  • お部屋
  • お風呂
  • お料理
  • 観光案内
  • 交通案内
  • フォトギャラリー

花庵へのアクセスマップ

Page top