tel0288-51-0105

全室から中禅寺湖の眺望を
楽しめる温泉宿ホテル花庵

花庵ブログ

  1. HOME
  2. 花庵ブログ

とちぎ和牛A5ランク赤味肉ステーキ付プラン

  • 花庵からの新着情報。

とちぎ和牛A5ランク赤味肉ステーキ付プラン

とちぎ和牛A5ランクの赤味肉ステーキ付プランの販売を開始しました!

脂っこいのが苦手な方、
健康志向で赤身を選ばれる方におススメです。

赤身モモ肉と言えどA5ランクなので柔らかく
牛本来の味わいを感じて頂ける部位です。
オニオンスライス共に
さっぱりとお召し上がりくださいませ。

→→赤身プランのご予約はこちら←←
 

小田代ヶ原のノアザミ

  • 花庵からの新着情報。

小田代ヶ原のノアザミ

梅雨も明け、暑い日が続いておりますが、いかがでしょうか?
中禅寺湖周辺は朝晩20度ほどで、爽やかな夏がやってきました。

小田代ヶ原ではノアザミが見頃になりました!
(写真は日光自然博物館さんより 7/28撮影)

小田代ヶ原のノアザミ

今日、明日は男体山登拝祭で いつもよりも賑やかな中禅寺湖です。

花火、弓道大会、灯篭流しなどなど
イベント盛りだくさんです。

ぜひ爽やかな奥日光へお越しくださいませ。

戦場ヶ原、小田代ヶ原 開花状況

  • 花庵からの新着情報。
関東は7月に入ってから梅雨で
例年以上に雨の日が多いように感じます。

奥日光では夏のお花が咲き始めております。
(写真は日光自然博物館さんより)
 

戦場ヶ原、小田代ヶ原 開花状況

○戦場ヶ原
ホザキシモツケ 咲き始め
今週末以降が見頃予想。
ピンクのふわふわした花がかわいいです。
 

戦場ヶ原、小田代ヶ原 開花状況

○戦場ヶ原
イブキトラノオ 見頃
虎のしっぽに見立てて、この名前がついていて、
風に揺れる姿が愛らしいです。
 

戦場ヶ原、小田代ヶ原 開花状況

○小田代ヶ原
ノハナショウブ 見頃

 

戦場ヶ原、小田代ヶ原 開花状況

○小田代ヶ原
ウマノアシガタ 見頃

葉っぱの形が馬の蹄に似ていることからこの名前がついたようです。

ノアザミは現在咲き始めのようです。

スッキリしないお天気ですが、花々は次々に咲いてます。

ぜひ奥日光へハイキングにお越しくださいませ。

 

霧降高原ニッコウキスゲ見頃です

  • 花庵からの新着情報。

霧降高原ニッコウキスゲ見頃です

標高1300メートル以上のところにある霧降高原キスゲ平で
ニッコウキスゲが見頃になりました♪
(写真は日光観光ライブ情報局さんより6/8撮影)

霧降高原ニッコウキスゲ見頃です

ニッコウキスゲは一日花で、
朝咲いて、夕方に萎みますが、
1本の茎にたくさん蕾を付けますので、
次から次へと咲き、長い期間楽しめます。
「日々あらたに」という花言葉があるのも
花の咲く様子からつけられたのかもしれないですね。

霧降高原ニッコウキスゲ見頃です

ニッコウキスゲだけでなく、
夏から秋に向けて高山植物が次々に咲きます。
展望台からは関東平野や、
空気が澄んだ日は東京スカイツリーや
富士山が見えることもあるようです。
また、初夏の霧の多い朝は雲海が見れることもあるとか…

爽やかな風を感じて頂きながら、
天空回廊のハイキングをお愉しみくださいませ♪

アクセス
・JR/東武日光駅より東武バス「霧降高原」行か「大笹牧場」行に乗り、
「霧降高原」下車。約25分。
・日光宇都宮道路「日光IC」から霧降大橋を渡り、
霧降高原道路(青柳日光線‐県道169号)。約30分
※東武バスは本数が限られていますので、ご注意ください。
電話:0288-53-5337
ホームページ

夏のお料理のご紹介 (7月中旬頃より提供予定)

  • 花庵からの新着情報。

夏のお料理のご紹介 (7月中旬頃より提供予定)

本日は夏のお料理の夕食一例をご紹介いたします。

四季折々の旬の素材から選りすぐられた創作料理をぜひご堪能ください。

涼風の宴

【先付】甚田豆腐 湯引き鱧

【前菜】白芋茎 鮎蓼酢蒸し 手長海老唐揚げ 水雲酢 無花果蜜煮 蓮芋

【花庵の湯波】生湯波玉蜀黍餡かけ ズワイ蟹 陸蓮根 花穂 枸杞の実

【凌ぎ】冷やし粥 蒸し雲丹 酢蓮 薬膳 楓百合根

【造里】目鯛 本鮪 あしらい一色

【すり流し】翡翠豆

【焼物】鱸庵味噌焼き はじかみ生姜

【蒸篭蒸し】季節のお野菜

【強肴】霧降高原牛シャブシャブ 千野菜 ヤングコーン ミニトマト

【食事】つや姫 赤出汁 香の物 庵味噌

【水菓子】白桃ゼリー 西瓜

※四季折々の旬の食材をお出ししているので、
仕入状況等により献立内容が変わります。