tel0288-51-0105

花庵スタッフよりお届けするおすすめ情報
お客様に役立つ情報を定期的に更新しております

花庵ブログ

  1. HOME
  2. 花庵ブログ

ウェルカムティーの模様替え

  • ティープロデューサーからの紅茶のご案内

ウェルカムティーの模様替え

9月に入って急に秋の気配を感じます。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、ホテル花庵でもいち早く秋の訪れを感じます。
秋の訪れと共に、ウェルカムティーも
夏の水出しヌワラエリア紅茶から、
ダージリンセカンドフラッシュへ模様替えをいたします。

ダージリンセカンドフラッシュは、
世界3大紅茶の一つ
(世界三大紅茶はインドのダージリン・スリランカのウバ・中国のキームンです)

そのダージリンの中でもダージリンセカンドフラッシュは、
紅茶のシャンパーニュとも呼ばれ、
世界中にダージリンセカンドフラッシュの愛飲家が多く存在しています。
また、最も高値で取引されるとも言われ、
まさに紅茶の王様と言っても過言ではありません。

ウェルカムティーの模様替え

沢山の茶園の中から、
今年ご提供するダージリンセカンドフラッシュは、
プッタボン茶園のSFTGFOP1 FLOWLYと称される逸品です。
紅茶は農作物でありますので、
その年その年で美味しい紅茶が茶園によっても違ってきて
それもまた醍醐味と言えるでしょう。

カップに注いだ紅茶の澄んだ水色・芳醇な味と上品な花のような香りが、
正に紅茶のシャンパーニュです。
また、プッタボン茶園はオーガニック茶園としての実績も長く
名実ともに素晴らしい茶園です。
そして、日光の美味しいお水を沸かして
スタッフの皆さんで丁寧に淹れるダージリンセカンドフラッシュは最高です。

秋の訪れとともに是非お召し上がりいただけますと幸いです。

Tea producer MASAKO

~ウェルカムティーの模様替え~

  • ティープロデューサーからの紅茶のご案内

~ウェルカムティーの模様替え~

急な猛暑や台風の到来と、気候が不安定ですが皆様お変わりありませんでしょうか
外出できる機会や人に会う機会も増えて、
なにかと楽しみが増えたことと思います

ホテル花庵では、
ウェルカムティーをヌワラエリアの水出し紅茶に模様替え致します。
真夏にかけて、この時期にぴったりの涼やかで爽快なアイスティーです。

ヌワラエリア紅茶は、スリランカの中央西部の山岳にある地名です。
写真にもありますように、標高約1000~1200m位の
山岳地帯で作られている高産地のお茶です。
日本で言うと夏の軽井沢のような気候です。
昔も今も避暑地としての別荘やゴルフ場があったりします。
朝夕と日中の温度差が大きく、その気候のお蔭で
清涼感のあるお花のような、フルーティーな香りを醸し出しています。

~ウェルカムティーの模様替え~

スリランカの紅茶といえば、イングリッシュブレックファスト等に使われる
ミルクティーに合うどっしりとした紅茶が特徴ですが、
清涼感とフラワリーな香りが愉しめ、夏の冷紅茶はぴったりの逸品です。
じっくりゆっくり丁寧に、日光のお水でお作りしたヌワラエリアの水出し紅茶。
お愉しみいただけましたら幸いです。
Tea producer MASAKO

ウェルカムティーの模様替え

  • ティープロデューサーからの紅茶のご案内

ウェルカムティーの模様替え

ウェルカムティーの模様替えです

全国各地で桜が咲き乱れ、待ち望んだ春がやって参りました。
皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。
ホテル花庵のウェルカムティーもロイヤルミルクティーから、
世界三大銘茶の1つとして名高い、
ダージリンファーストフラッシュに模様替えいたします。

ウェルカムティーとしてご提供させていただきます
今年のダージリンファーストフラッシュは、
プッタボン茶園(SFTGFOP1 FLOWERY)です。
濃緑色の茶葉からは、花のような甘い香りとともに、
若葉の清々しい香りが立ち上ります。
ダージリンファーストフラッシュは、
春一番芽吹いた茶葉を摘み取っており、
その春の特徴を存分に引き出すため、
通常の紅茶よりも発酵を少し抑えているため、
水色は淡い黄金色で、
香りは、花のような甘い香り、
春の若葉の清々しい香りが特徴的な逸品です。

プッタボン茶園は、1852年に、ダージリンに最初に作られた茶園で、
春摘みならではの香りと心地よい渋みを併せ持つ、
素晴らしいハーモニーをご堪能いただけます。

どうぞ、待ちに待った春の慶びとともに、
ホテル花庵へのお越しをお待ちしております。


Tea Producer MASAKO

ウェルカムティーの模様替え

  • ティープロデューサーからの紅茶のご案内

ウェルカムティーの模様替え

12月に入り、一段と冬らしくなって参りました。
ホテル花庵のウェルカムティーも、
毎年ご好評いただいておりますクリスマスティーへ模様替えいたします。

クリスマスティー
イギリスを始めヨーロッパの国々で、
寒さの厳しいクリスマスの時期に好んで飲まれている、
スパイスの入った紅茶のことです。

世界中の紅茶会社で、毎年クリスマスティーが販売されます。
紅茶と色々なスパイスやフルーツの皮等がブレンドされているのが特徴で、
その種類は多種にわたります。

当時は高価だったスパイスや柑橘系の果物をブレンドし
クリスマスのお祝いとともにスパイスの力で体が温まり、
寒い冬を乗りきっていたのでしょう。

ホテル花庵でご提供するクリスマスティーは、
紅茶にカルダモン、シナモン、オレンジピール、クローブを
バランス良くブレンドし、
牛乳と一緒に煮出してご提供させていただいております。

ホテル花庵のクリスマスティーで皆様のお越しをお待ちしております。
どうぞ素敵なクリスマスシーズンをお過ごしください。

Teaproducer MASAKO  

ウェルカムティーの模様替え

  • ティープロデューサーからの紅茶のご案内

ウェルカムティーの模様替え

朝夕が急に冷え込み、秋の訪れを感じるようになりました。
季節の変わり目ですが皆様お元気におすごしでしょうか。
深まる秋の訪れと共にウェルカムティーも
ダージリンセカンドフラッシュからルフナへと模様替えをいたします。

ルフナ(Ruhuna)は、スリランカ南部から
東部にかけての地域の名前で、
その地域で作られた紅茶をルフナと呼んでいます。
標高は、0~2,000フィート(約600m)、
ローグロウンと呼ばれる低山地で生産されています。
標高が低く、暑い地域で作られるルフナの茶葉は
他の地域で作られる紅茶よりも大きく厚いのが特徴です。
主に中近東の国々の方が好んで飲まれている紅茶で
日本ではあまり流通していない珍しい紅茶です。

ウェルカムティーとしてお召し上がりいただくルフナは、
スリランカ、ルフナの中で、名実共に名茶園と言われている
「ニュービターナカンダ茶園」で作られたものです。

ウェルカムティーの模様替え

濃い綺麗な赤系の水色、
味は、少しスモーキーでハチミツのような甘い香りと、
しっかりとしたコクのあるのが特徴で、
紅葉の綺麗な秋の日光にぴったりの紅茶です。
どうぞホテル花庵で、
秋の紅葉を存分に満喫いただければ幸いです。
 
Tea producer MASAKO

旧花庵ブログはこちら

旧紅茶ブログはこちら