tel0288-51-0105

花庵スタッフよりお届けするおすすめ情報
お客様に役立つ情報を定期的に更新しております

花庵ブログ

  1. HOME
  2. 花庵ブログ

6/29(水) 事前決済システムのメンテナンスのお知らせ

  • 花庵からの新着情報。
この度事前決済システムが新システムに移行することに伴い、
下記時間帯にて
公式ホームページでの「カード決済」を伴う、新規予約・予約変更が一時的に利用できません。

[一時停止期間]
2022年6月29日(水) 午前5:00~8:40(最大)

ご予約をご検討のお客様につきましては、
一時停止期間以外の時間にて操作いただきますよう
よろしくお願いいたします。

「現地決済」での新規予約は可能でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

県民一家族一旅行 第3弾 キャンペーン 【栃木県民割】

  • 花庵からの新着情報。

県民一家族一旅行 第3弾 キャンペーン 【栃木県民割】

関東ブロック
(栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県)

にお住まいの方が、
栃木県内を旅行・宿泊される際に代金が割引となる
「栃木県」主催のキャンペーンです。
 
ご宿泊対象日2022/4/11チェックイン~2022/7/15チェックアウト
(4/29~5/8は除く)
  
→詳しくはこちら 
第3弾 県民一家族一旅行詳細ページ
※出発地または旅行先の感染状況によって
キャンペーンが中止になる場合がございますので、
ご利用の方は最新情報を必ずご覧ください。
 
※地方自治体による補助金の制度のため、
チェックイン時に手続きの時間がかかります。
 
直予約(公式ホームページあるいはTEL予約)は対象です。
 
チェックイン時、後述の「宿泊当日ご持参いただくもの」を代表者様が
事前に集めていただくとよりスムーズになります。
 
 
 
<重要事項>
 
【対象者】
・栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、福島県在住の方

 
【対象期間<7/1チェックイン~>】
・受付対象:2022/6/29 10時~

 
・宿泊対象:2022/7/1~2022/7/15

※補助金予算に達し次第、予告なく終了
 
 
【ご予約方法】
公式ホームページご予約後、STAYNAVI システムでクーポン発行が必要です。
 
①ステップ1.
公式ホームページでご予約(下記2つから お好きな方法でご予約ください)
→空室カレンダーから予約…こちら
→プラン一覧から予約…こちら
 
※対象期間中であれば、販売中の全プラン対象
 曜日に関する制限なし
 連泊の場合1泊ごとに適用されますが、最長5泊まで
 
 
②ステップ2.
 STAYNAVI システムでクーポンを発行 → https://tochigi-pr.staynavi.direct/login
※STAYNAVIを初めてのご利用の場合は、会員登録が必要です
※Internet Explorerではエラーが出る場合がございます。
推奨ブラウザのGoogle Chromeをご利用くださいませ。
 
 
➂ステップ3.
STAYNAVI システムで発行したクーポンを印刷
あるいはスクリーンショットしてフロントでクーポン番号を提示
 
※お電話にて予約のお客様につきましても、
STAYNAVI システムに登録いただき、
クーポン発行の手続きをお願いいたします。
 
 
【宿泊当日ご持参いただくもの】
 
※下記をご提示いただけない場合、割引を行うことが出来なくなりますので、必ずご持参くださいませ。
 
1.STAYNAVIクーポン番号
(印刷あるいはスクリーンショットして
フロントでクーポン番号を提示) 
2.STAYNAVIで登録した居住地が確認できる本人確認書類
(割引対象者全員分<添い寝幼児も対象の場合、ご提示が必要となります>)
3. ワクチン3回接種済み証明の提示
 または
 ワクチン3回未接種の場合、
 抗原定性検査またはPCR検査等(抗原定量検査を含む)
 による陰性証明(検査結果)の確認
 ※ご宿泊日当日の3日前以降のものが必要です。
 7/10にチェックインの場合、7/7~9に検体摂取したものが有効です。
 
◇ワクチン・検査パッケージについて詳細はこちら 

 
 
【地域限定クーポンの配布について】
宿泊先着順にお渡しします。各宿泊施設ごとの予定枚数に達し次第、
配布は終了します。
 
→詳しくはこちら (ご利用の方は最新情報を必ずご覧ください)
第3弾 県民一家族一旅行詳細はこちら )

※事業開始前
(7月宿泊分を6/29
朝9:59以前)にご予約済のお客様
事業開始前に宿泊予約サイト(OTA)において予約していた旅行には
利用することができません。
予約していた旅行をキャンセルして、予約し直すことはできますが、
同じプランが予約できなかったり、
クーポンが無くなっていたりすることがあり、
再予約ができる保証はありません。
またキャンセル料が発生する場合がありますので、
再予約を行う場合は十分ご注意ください。
事業開始受付期間にご予約のお客様につきましては、
STAYNAVIへの登録で割引が適用となります。
ご宿泊までにご登録をお願いいたします。


【キャンペーンに関するお問い合わせ】
・県民一家族一旅行事業事務局(株式会社JTB 宇都宮支店内)
  電話:028-614-7207 受付時間:平日10時~17時
 
・STAYNAVI(クーポン発券システム)に関するお問い合わせ
 電話:050-3173-3521(受付時間:平日10時〜17時)

小田代ヶ原と戦場ヶ原のズミの花

  • 花庵からの新着情報。
中禅寺湖周辺でも時折25℃を超える夏日がありつつも
朝晩は13℃前後で爽やかな気候です。

梅雨入りももうそろそろかなというところですが、
この時期ひそかにファンの多い、あの花の開花時期ですね。

開花時期も短い「ズミ」の花です。

小田代ヶ原と戦場ヶ原のズミの花

(↑写真は昨年の6/8の小田代ヶ原のズミ 日光自然博物館さんより)


名前の由来は
果実に酸味があることから、「酢実(すみ)」が転訛したと言われています。
また樹皮から黄色の染材をとったことから、
「染(そ)み」から転訛したとの説もあるようです。

花が終わって秋になると真っ赤な実をつけることから
別名コリンゴと呼ばれます。

花のつぼみはピンク色で、
花が開き切ると真っ白なリンゴに似た花が咲きます。

小田代ヶ原と戦場ヶ原のズミの花

現在の戦場ヶ原のズミは咲き始め。
(写真は日光自然博物館さんより)

たくさんのピンクのつぼみが膨らんでいます。
満開まではあと1週間ほど・・・

小田代ヶ原と戦場ヶ原のズミの花

小田代ヶ原のズミは戦場ヶ原よりもつぼみが固そうに見えますが、
あと数日ほどで開花しそうなようです。

小田代ヶ原と戦場ヶ原のズミの花

エゾハルゼミも鳴き始め、
春から初夏への移り変わりです。


今しか見られない奥日光を探しにお越しくださいませ。

奥日光に花の季節がやってきました

  • 花庵からの新着情報。

奥日光に花の季節がやってきました

中禅寺湖は標高が高いため、桜の開花は例年ゴールデンウイークあたりです。
今年もGWに桜が咲き始め、現在見頃を過ぎたころです。
(写真は日光自然博物館さんより、中禅寺湖西側千手ヶ浜のオオヤマザクラ)

 

奥日光に花の季節がやってきました

奥日光に花の季節がやってきました

千手ヶ浜~熊窪あたりでは
トウゴクミツバツツジが見ごろを迎えております。

鮮やかなピンクと
新緑のコントラストが美しいです。

奥日光に花の季節がやってきました

龍頭滝の上部の
トウゴクミツバツツジはつぼみが膨らんだ感じがします。

こちらも1週間ほどで見ごろになるでしょうか♪

戦場ヶ原の高山植物もこれからがいい季節です。
ぜひ奥日光にリフレッシュしにお越しくださいませ。

 

郷土料理 しもつかれ

  • 花庵からの新着情報。

郷土料理 しもつかれ

栃木県を中心に、福島・茨城・埼玉・群馬県周辺にございます、
郷土料理しもつかれのご紹介です。

(当館では2月~3月の先付としてご提供させて頂いておりすが、
仕入れ状況により、メニューに変更がございます。
予めご了承くださいませ。)

旧暦の2月の最初の午の日である「初午」の朝に、
赤飯と藁苞(わらづと…わらを束ね、中へ物を包むようにしたもの)に入れた
「しもつかれ」を、屋敷の稲荷様の祠に供えて
五穀豊穣・商売繁盛を祈願します。

屋敷稲荷へのお供え用の料理ではありますが、
家庭料理、スーパー、総菜屋さんでも見ることのある、
各家庭の食卓でも楽しめる料理です。

材料として使用するものは
・正月の塩鮭の頭
・節分の福豆の残り
・大根
・ニンジン
・酒粕
が一般的です。

作り方は、鮭の頭をある程度細かくし、鍋に入れて灰汁を取りながら煮込み、
鬼おろしでおろした人参と大根、皮をむいた煎り大豆を加えてさらに煮込みます。
そのあと酒粕を溶かし、塩、砂糖、醤油、酒等で味付けをします。

正月の鮭の頭は、悪霊を追い払う力を持ち、
節分の福豆にも「破魔招福」の意味があります。
その食材を使った信仰食であり、
初午の朝に7軒のしもつかれを食べると
病気にならないといった昔からの風習が残る地域では、
各家庭でやりとりをしているようです。

しもつかれの名前の由来は
 ・下野(しもつけ)の国で作るから
 ・酢を入れて作る地域で「酢漬かり(すむずかり)」が訛った
 ・煮込んだ後に冷まして味を染み込ませることより「染み」「漬かり」から
上記のようにいくつかあるようです。

旅先の名物には特産物だけでなく、
古くからの風習、歴史が含まれる名物も多々ございます。
その土地の名物の「味」だけでなく、
「歴史」や「風習」も感じて頂きながらお愉しみください♪

旧花庵ブログはこちら

旧紅茶ブログはこちら